Featured Artists | 神保町の小宮山書店 / KOMIYAMA TOKYO

メニュー

小宮山書店 KOMIYAMA TOKYO

Featured Artists取扱作家/お勧め作家

REAL TOKYO ART は、世界の古書街・神田神保町から新しい東京のアート、文化を展開するアートイベントです。世界のアートフェアで東京カルチャーを発信する KOMIYAMA TOKYO代表小宮山慶太が総合プロデューサー。ブランドプランナー久々野智小哲津(くくのちこてつ)をアドバイザーに迎え、KOMIYAMA TOKYOがセレクトしたアーティスト8名の作品と小宮山書店のアーカイブが混ざりあった新しい展示スタイルを体験できるイベントとなっています。
エネルギー溢れる作品の数々を、ぜひ間近でご覧くださいませ。

参加アーティスト(2020年)
秋赤音
天野タケル SOLD OUT
COOKIE(野性爆弾くっきー!) SOLD OUT
Chris Namaizawa
内藤啓介
Hajime Kinoko
KENSEI YABUNO
米原康正
※天野タケルの作品は、お一人様2点までの購入とさせていただきます。

2020年のREAL TOKYO ARTは下記日程にて終了致しました。誠に有難うございました。作品につきましては引き続き販売しておりますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。次回もどうぞお楽しみにお待ちいただけましたら幸いです。

[REAL TOKYO ART] EXHIBITION AND SALES
会期:2020年12月11日(金)〜12月20日(日) ※終了
会場:小宮山書店 1F〜4F 全6フロア
   〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-7
入場無料 すべて写真撮影OKです。
通常の営業時間内でのイベントとなります。作品はすべてご購入いただけます。
月〜土:12時〜18時30分 日・祝:12時〜17時30分
小宮山書店 03-3291-0495 info@book-komiyama.co.jp

*REAL TOKYO ART 2020 is closed.
Introduction;
We launch a new art event REAL TOKYO ART featuring art and culture of current Tokyo, from world-famous district of book-trades, Jimbocho. Representative of KOMIYAMA TOKYO will produce an event with using experience of having participated in international fairs. With the cooperation of a bland planer, Kotetsu Kukunochi, we will exhibit and sale new art collection from 8 artists selected by KOMIYAMA TOKYO, along with our collection of vintage art books and works.
Please enjoy vibrant energy of the artworks at the site. We are looking forward to your attending.

Participating Artists in 2020;
AKIAKANE
Takeru Amano SOLD OUT
COOKIE SOLD OUT
Chris Namaizawa
Keisuke Naito
Hajime Kinoko
KENSEI YABUNO
Yasumasa Yonehara
※The works by Amano Takeru cannot be purchased over 2 by 1 person.

REAL TOKYO ART EXHIBITION AND SALES
Date:2020.12.11(FRI)-12.20(SUN) *closed
Venue:KOMIYAMA TOKYO 1F-4F (6Floors including 2M, 3M)
1-7 Kanda-Jimbocho, Chiyoda-ku, Tokyo, Japan 1010051
Entrance Free, Photo shooting is permitted.
Event will be open during usual buisness hours. All artworks are available for purchase.
Opening Time:MON-SAT 12:00-18:30 SUN 12:00-17:30
KOMIYAMA TOKYO
03-3291-0495 info@book-komiyama.co.jp

1976年3月12日生まれ、滋賀県出身。日本のお笑い芸人。吉本興業所属。
コンビ・野性爆弾として活動、ネタ作りからコントの小道具まで全て自身が手掛けている。
独特な世界観が評価されアーティストとしても注目され、2018年国際公募展「ART OLIMPIA 2019」アンバサダーに就任。
2019年Artexpo New Yorkでは最も注目するアーティスト5人に選出されている。
@nikuguso_taro

1977年 東京生まれ。
1997年よりNYにて版画などを4年間学んだ後、東京にもどる。絵画と彫刻作品を基本にクラシックな美術と現代のポップカルチャーをクロスオーバーさせた作品や"NEWART"とも称される圧倒的な表現作品は主にヨーロッパ、アジア、特にパリや香港、メルボルン、そして東京のギャラリーやアートフェア等で発表されている。
@takeruamano

※「REAL TOKYO ART」での天野タケルの作品の購入は、お一人様2点までの購入とさせていただきます。
Works by Takeru Amano cannot be purchased over 2 by 1 person at REAL TOKYO ART.

編集者、アーティスト。
東京ストリートな女子文化から影響を受け、雑誌などメディアの形で表現された作品は、90年代以降の女子アンダーグランドカルチャーを先導した。早くから中国の影響力を強く感知し、そこでいかに日本的であるかをテーマに活動を展開、微博(Weibo)フォロワー約280万人。
@yone69harajuku

1977年10月22日生まれ。
縛りをエロスと捉えるだけでなく、ポップな解釈と卓越した技術でアートへと昇華させる。特に自然(木や岩など)や空間までも縛るユニークな作品性は国内外問わず評価され、パリ、ロンドン、ミュンヘン、ベルリン、シドニー、メルボルン、ローマ、バンクーバー、ニューヨーク、ロサンゼルス、台北、上海など、世界中の都市でインスタレーション、ワークショップを実施。近年はパフォーマンス以外に、写真や映像によるアートワークも精力的に発表。縛りと撮影、演出のすべてを手がける。日本を代表する縄のスペシャリスト。
@kinoko_shibari

2011 年 TOY’ S FACTORY から 「antinotice」で歌手兼絵師としてデビュー。世界中にクライアントを持ち、イラスト、キャラクターデザイン、グラフィックデザインを主に、衣装デザインや動画制作など多岐に渡る活動を展開。最近ではフランスでの個展、アートフェア東京出展など、美術分野の活動の幅を広げている。
@aki_aka_ne

90年代のストリートカルチャーから大きな影響を受け東京で育つ。作品は90年代のファッション雑誌でカバー(表紙)を飾った女性をモチーフにし、素材には各号の雑誌の紙を使用し、デコラージュの技法で制作。目をぐるぐるにする表現は、特定の人を表すのではなく、抽象化することで見る人が自由に想像できる狙いがある。それは作家がアメリカと日本の国籍を持ち、アイデンティティを追求し続けてきた痕跡でもある。
@chrisnamaizawa

1975年、北海道生まれ。
ペインティング、立体作品を制作。COMME des GARCONSの2011年春夏ウィメンズコレクションに、作品がテキスタイルとして採用された。最近の展示に、HYSTERIC GLAMOUR SHIBUYAで展示した写真家、大沼茂一との二人作品展『WHY YOU』(2019)がある。
@kenseiyabuno

Photographer / 写真家
雑誌、ミュージックビジュアル、広告、グラビア等、幅広く手がける。雑誌smart(宝島社)の連載「ちんかめ」は20年以上続いている。バイクや車への見識も深く、その写真作品は膨大である。現在自身の写真作品よりフォトモンタージュ作品を展開中。
@ching_came

三島由紀夫 1925-1970
45年の生涯で約100冊以上の作品を残し、その多くが海外で翻訳出版されています。映画や演劇界においても大いに活躍した、日本を代表する文豪。さらに、写真集「薔薇刑」では、被写体として繊細で力強い姿をみせています。今もなお、多くのアーティストに影響を与え続けるその世界観をぜひお楽しみくださいませ。

1936年兵庫県西脇市生まれ。1960年代からグラフィックデザイナーとして日本のポップシーンや前衛シーンを駆け抜けその独自の画境は、三島由紀夫、寺山修司らにも高く評価された。80年にニューヨーク近代美術館でピカソ展を見た事をきっかけに81年に、いわゆる「画家宣言」後も<滝>、<Y字路>シリーズなど、夢と現(うつ)、生と死を行き来する横尾芸術が進化。「死の側に立って、現実の生を見つめる」という視点に立ち、質量ともに圧倒的な作品を作り続ける。現在、世界で120もの美術館が横尾作品を所蔵している。

「魂が、火の玉!私の肉体が、発電機!」という工房火の玉発動機、田崎太郎が作るのは愛らしく、自由奔放な焼き物の神さま。40 センチ級の狛犬、火の玉 装甲列車、陶メカオブジェ、ペンギン型飛行艇、シュルクーフのような鮫型潜水艦。重厚感のあるキャラクターが縦横無尽に駆け巡る。
#Tasaki Taro